BLOG

ブログ

ソーシャルボタンはなぜ必要なの?その効果と設置方法を解説!

2017年12月1日

ブログやメディアサイトを運営している場合、その目的が商用であっても個人的な趣味であっても、運営者が必ず気にすることが一つあります。それは、「自分のサイト(ブログ)に何人が訪れ、何人が見てくれているか」というアクセス数です。

商業的な目的があればもちろんですが、たとえ趣味のサイトであっても「アクセスを一切気にしない、誰にも見せるつもりはない」ならばそもそもWEB上に載せるわけはありませんので、運営者は多かれ少なかれアクセス数を伸ばすことを目的としていると言って良いでしょう。

 

ページのアクセス数をアップするためには?

アクセス数をアップするのにまず重要になるのがSEOです。GoogleやYahooなどの検索エンジンでのワードごとの検索で上位表示されればクリックされる率は上がるため、アクセス数は飛躍的にあがります。

 

しかし、とくに著名な検索エンジンでの人気キーワードは常に激しい争いの的であり、検索エンジン側はシステムの仕組みを明らかにしないため、日々変わっていくその内部構造を解き明かしたエキスパートによってSEOテクニックは変化しています。これらを無数に存在する運営者たちがいくら追いかけようとしても、競争が激しいうえになかなか素人では知識・技術面でエキスパートに勝つことは難しく、アクセス数を伸ばすのは難しいとされていました。

しかし、ここにSEO以外のもう一つの可能性があります。
それは、「ソーシャルボタン」の設置によりアクセス数をアップすることが期待できることです。

 

今までのインターネットでは、ユーザーは調べたいキーワードを検索エンジンに打ち込み、表示された一覧の中からクリック、これを繰り返すのがネットサーフィンでした。ところが最近ではPCからスマートホン(スマホ)にデバイスプラットフォームが移行しており、ユーザーが日々使うのはPCの検索エンジンではなくてFacebookやtwitterなどの各種のSNSになっています。ユーザーが1日のうちに接触する時間が最も長いのもSNSとなってきております。

 

これはとくにソーシャルネットワークサービスが出始めた時代からインターネットに触れている若い世代に顕著であり、彼らの中にはPCの使い方を知らない層も少なくありません。そこで、これらのSNSを利用して自分の持っているブログやメディアサイトなどを拡散してアクセス数をアップしようというのがソーシャルボタン設置の狙いです。

 

わかりやすい例としては、世界的アーティストが自分のアカウントで紹介したために爆発的にヒットした「PPAP」があります。あれなどは地道なSEOがあったわけではなく、何十万人がフォローしている歌手が一言つぶやいただけです。しかしその拡散効果は絶大で、あっという間に知名度を上げて人気者になったのは記憶に新しいところでしょう。

 

ブログやメディアサイトでも同じようなことが期待できます。もちろん、皆が世界的有名人につながれるわけではありませんが、SNSを利用するとユーザーAからユーザーBへ、それを見たユーザーCがまた拡散して・・・と、拡がりやすいのも事実です。

 

SNSでは比較的、趣味趣向が似た人間同士が繋がっていますので、一人が興味を持ったものにはそのフォロワーもまた興味を持ちやすく、またタイムラインなどを受け身で見ているだけのユーザーも多数いるため拡散効果が高いとされています。SEOだけに頼らずアクセス数を伸ばしたければ、積極的にソーシャルボタンを活用しましょう。

 

ソーシャルボタンの効果的な設置方法は?

現在では全世界でかなり多くのSNSサービスが普及しており、SNSごとにボタンがあるため、全種類のボタンを設置してしまうとだいぶゴチャゴチャした印象になってしまい逆効果となります。自サイトのターゲットとしているユーザーが利用しているSNSに狙いを絞ってボタンを設置すると効果的でしょう。

 

たとえば、自サイトがシニア向けの記事を書いているのに、中高生に人気のあるSNSのボタンを置いてもスペースの無駄となってしまいます。ターゲットの年齢、性別、職業などある程度の傾向を把握し、ページの内容に応じて、最も拡散されやすいSNSのソーシャルボタンを置く事が重要です。

 

また、サイト内のどこに設置するかも大切なポイントです。現在ではスマホの普及に伴い、ユーザーはサイトを見るとき、「F字型」と呼ばれる目線の動かし方をすることがほとんどです。左上から見始めて右方向へ水平に目線を動かし、次の行の左端に移し、また右方向へ・・・とだんだん下に向かいます。しかし下の行は興味を持たなければ一行目ほどはしっかりと見ないため、ソーシャルボタンはスクロールに関係なく、いつでも押せるように固定して置くことが大切です。

 

この動きの導線を意識し適切な場所にボタンを設置すれば、興味を持ったユーザーはそのページをシェアしてくれる可能性が高まります。そうすれば検索エンジンを介さずに多くの人目に触れる機会を得ることになり、うまく拡散すれば一気にアクセス数が伸びていく事が期待できます。

 

まとめ

ページのアクセス数をあげるために、ソーシャルボタンの活用について紹介しましたが、最初の一手はやはり検索エンジンからのアクセスがほとんどですので旧来のSEOが無駄になるわけではありません、SEOは並行して行う必要があります。ターゲットに応じたSNSのチョイス、SNSボタンの取捨選択、ボタンの設置位置、自サイトの内容の分析、それと並行して行うSEO、これらが上手くかみ合い、相乗効果を上げれば驚くほどのアクセスアップにつながるでしょう。

MOGXAはカスタマーエクスペリエンスや顧客エンゲージメントの向上を目的に、コンテンツの拡散や問い合わせなどのアクションを最大化させるクラウドサービスです。

さっそく無料ではじめる

ページトップへ